くくりん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS くくりん日記2008年3月4日SIDE-A

<<   作成日時 : 2008/04/29 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(P3)「自責の念の原因」

母方の憑依が取れなくて困っている人に良い事を教えてあげましょう。
憑依されている人は「憑依主絶対者が味方」だと言い、「憑依を解きなさい」というくくりんを敵だと言うだろう。

例えば、あなたが、あなたの実母について、くくりんに質問した場合、あなたは実母の味方をし、
くくりんを敵に回している事になります。実母について質問して、実母について理解したらどうなるのかな?
あなたはもっと実母に近づくよね。
しかし、それよりも、理想の母のくくりんについて質問して、くくりんを理解して、
「理想の母のくくりんを理解したあなた」の態度・行動として、実母に接してみたらどうかな。

自責の念の原因は、本人(または母親)が、男を一人しか知らないから。
一生の中で、男を二人以上知らないと(または二人以上の男と関係した事があっても、
その男全員が、入れて出して終わりの爬虫類魂式Hだった場合)、その女性は、男性とのHに、
心の支えを求めなくなる。比べないと自分を責める。

一人の女性が、一生の間で二人以上の男性とHしなかった場合、自分が性的に満たされなくても、
「Hって、こんなもんなのだろうか」「自分が不満であることをパートナーに言っていいものだろうか」
「いやいや、言ってはいけない。そんなことを思う自分がいけないのだ」
と、自責の念が発生するのです。女にしたら悲しい。入れて出してしまいかい!
満たされなければ男の道具。

あなたは「宇宙の法則を選択する」のか「宇宙の法則に外れた事を選択する」のか。
あなたは「宇宙の法則に生命を与える」のか「宇宙の法則を外した物事に生命を与える」のか、どちらかな?
「縁を大切にする琴音♪」

お互いに愛し合い
お互いに自由を与え
お互いに気遣い
お互いに守り
お互いに保護し
お互いに助け合い
お互いに代行し合い
お互いに導き合い
お互いに癒やし合い、お互いに存在価値を認め合う事を選択しなさい。
そうすれば、全ての憑依と自損行動は終わり、癒やされる。

心配するから、不安だから、憑依主や相手に自分の人生のコントロールの権利を渡してしまいます。
人が憑依されるのは幼い頃に親に「話を聞いてもらえなかった」から「親以外の人または
(憑依主絶対者のような人ではない存在)に聞いてもらいたかった」から。

いかに子供であろうが自分の意見を尊重されなかった時、憑依主絶対者であろうが、
教祖であろうが、俺俺詐欺だろうが、爬虫類魂式Hの男だろうが、受け入れて欲しくなるのだよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
くくりん日記2008年3月4日SIDE-A くくりん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる